TOP

日曜日の散歩者

わすれられた台湾詩人たち

1933年、日本統治下の台湾――。
僕たちは日曜日、台南の街を散歩しながら詩を語る。
日本語で新しい台湾文学を作ろうとした、僕たちの時代。

———————————————————————————————————–

ポエティックエモーションに2017年8月19日(土)より
シアター・イメージフォーラムにてロードショー!

———————————————————————————————————–

【特別鑑賞券1,200円(税込)絶賛発売中】AB
(当日一般1,800円のところ)

◆劇場窓口でお買い求め頂くと、
特製オリジナルポストカードプレゼント!

三田文学スペシャル「時を超える青春―詩が結ぶ台湾と三田」
2018年11月10日(土)慶應義塾大学日吉キャンパス(第4校舎B棟1階教室J19)※入場無料
13:00~15:30 映画『日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち』上映
16:00~17:30 映画解説 笠井裕之(慶應義塾大学法学部教授)
シンポジウム 黄亜歴(『日曜日の散歩者』監督)
陳允元(『日曜日の散歩者』文学顧問・台湾師範大学)
楊淇竹(台湾文芸誌「笠」詩人)
朝吹亮二(詩人)
永方佑樹(詩人)
■11月8日(木)~10日(土)  記念特別展/風車詩社メンバー林永修さん関連資料展示
日吉キャンパス往来舎ギャラリーにて ※入場無料
林永修さんご遺族のご協力の元、貴重な資料展が開催されます。

【日曜日の散歩者パンフレット販売情報】

巖谷國士「シュルレアリスム映画の可能性」ほか豪華寄稿掲載!
「風車詩社の詩人たちが蘇る」四方田犬彦 (映画史研究家)
「詩人たちの風車がふたたび廻る―古都・台南の新しい文学運動」大東和重 (関西学院大学教授)
黄亜歴監督メッセージ・ロングインタビュー、風車詩社・モダニズムの先導者たちの解説、年表は台湾文学・ジャーナリズム、歴史・世界の文学・思想・芸術(シュルレアリスム・モダニズム関連)を網羅、映画引用リスト掲載の渾身の全36ページ!
★劇場ほか下記書店にて発売中★
内山書店(神保町)http://www.uchiyama-shoten.co.jp/
LIBRAIRIE6 / シス書店(恵比寿)http://www.librairie6.com/exhibitions.html


eigasai

監督:黃亞歷(ホアン・ヤーリー)
エグゼクティブプロデューサー:閻鴻亞(イェン・ホンヤー)
プロデューサー:黃亞歷(ホアン・ヤーリー)、張紋佩(チャン・ウェンペイ)、張明浩(チャン・ミンハオ)
撮影:黃亞歷(ホアン・ヤーリー)、蔡維隆(ツァイ・ウェイロン)
出演:梁俊文(リァン・チュンウェン)、李銘偉(リー・ミンウェイ)、沈君石(イアン・シェン)、沈華良(イーブン・シェン)、何裕天(デヴン・ホー)
原題:『日曜日式散歩者』
制作:本木工作室 、目宿媒體
配給:ダゲレオ出版
配給協力/宣伝:太秦
監修:大東和重
協賛:株式会社遊茶
後援:台北駐日経済文化代表処 、台湾新聞社
©2015 Roots Fims Fisfisa Media All Rights Reserved.
2015|台湾|カラー|DCP|5.1ch|162分
http://www.sunpoday.com

eijibiring.jpg