日曜日の散歩者チラシ

アムバルワリア祭 VIII「西脇順三郎 影響と受容」
2019年1月19日(土)14時~17時 慶應義塾大学三田キャンパス(北館ホール)※入場無料
【司会】新倉俊一(明治学院大学名誉教授)
【登壇者】
笠井裕之(慶應義塾大学教授・仏文学)
ローザ・ファン・ヘンスバーゲン(ケンブリッジ大学)
大東和重(関西学院大学教授・比較文学)

本年度も、西脇順三郎をめぐるシンポジウムを開催いたします。2012年の西脇アーカイヴ設立・公開から毎年行っている本催事は今回で8回目となり、今回も多くの皆さまのご来場をお待ちしております!これまで、西脇順三郎をめぐって、主に日本の詩人や文学者などとの関わりをテーマとしてきましたが、今回は西脇の「国際性」に焦点をあてます。西脇自身が1920年代に英国へ留学し、当時のモダニズム詩に触れて自らの詩作を大きく飛躍させたことはよく知られています。そのことをふまえ、ヨーロッパの詩人たちから西脇が受けた影響を、T.S.エリオットやジャン・コクトーを中心に、英文学・仏文学研究の側面からお話いただきます。そして西脇の詩や詩論がどのように海外で受容されたのかについて、台湾文学との関連から語っていただきます。これまで以上に多彩な顔ぶれとなります登壇者の先生方が、西脇順三郎へどのように光をあてられるのか、皆さまぜひご注目くださいませ。

http://www.art-c.keio.ac.jp/news-events/event-archive/ambarvalia-viii/

※詳細は最新情報をご覧ください。

nishiwaki-posterスクリーンショット

 


eigasai

監督:黃亞歷(ホアン・ヤーリー)
エグゼクティブプロデューサー:閻鴻亞(イェン・ホンヤー)
プロデューサー:黃亞歷(ホアン・ヤーリー)、張紋佩(チャン・ウェンペイ)、張明浩(チャン・ミンハオ)
撮影:黃亞歷(ホアン・ヤーリー)、蔡維隆(ツァイ・ウェイロン)
出演:梁俊文(リァン・チュンウェン)、李銘偉(リー・ミンウェイ)、沈君石(イアン・シェン)、沈華良(イーブン・シェン)、何裕天(デヴン・ホー)
原題:『日曜日式散歩者』
制作:本木工作室 、目宿媒體
配給:ダゲレオ出版
配給協力/宣伝:太秦
監修:大東和重
協賛:株式会社遊茶
後援:台北駐日経済文化代表処 、台湾新聞社
©2015 Roots Fims Fisfisa Media All Rights Reserved.
2015|台湾|カラー|DCP|5.1ch|162分
http://www.sunpoday.com

eijibiring